東座 | FROM EAST フロムイースト | 映画コラムニスト合木こずえのオススメ映画上映会 | 長野県塩尻市大門4-4-8 | Tel 0263-52-0515

    東座     東座、FROM EASTは信州のまんなか、葡萄の里で、ハートにしみる映画上映会を開いています。
ケータイからも
最新情報をチェック!

東座

~東座が選ぶ世界の素晴らしい秀作映画を上映しています~


秀作映画
生きてるだけで、愛。 <公式HP>
2月23日(土)~3月8日(金)
◆2/23〜3/1→10:00/14:10/18:30
◆3/2〜3/8→12:00/16:00



作品情報
2018年製作/日本製作/日本語
上映時間:1時間49分
原作:本谷有希子『生きてるだけで、愛』(新潮社文庫刊)
監督・脚本:関根光才
出演:趣里、菅田将暉、仲里依紗、田中哲司、西田尚美、松重豊ほか

ストーリー
 鬱による過眠症でアパートに引きこもる寧子は、出版社でゴシップ記事を書いている
津奈木と同棲している。そこへ、津奈木の元恋人が現れ復縁を望み、邪魔な寧子を部屋から追い出すために、彼女にバイトをさせようと画策するが……。








秀作映画
葡萄畑に帰ろう <公式HP>
2月9日(土)~3月1日(金)
◆2/9〜2/15→12:00/18:30
◆2/16〜2/22→14:00/16:00
◆2/23〜3/1→12:10/16:10



作品情報
2017年製作/ジョージア製作/ジョージア語
上映時間:1時間39分
監督・脚本:エルダル・シェンゲラヤ
出演:ニカ・タヴァゼ、ニネリチャンクヴェタゼ、ナタリア・ジュゲリほか

ストーリー
 妻を亡くし、小学生の息子を育てるギオルギは「国内避難民追い出し省」の大臣で、国内の紛争地域から逃げてきた人々を追い出すのが仕事。その日も大臣室で新しい椅子にふんぞり返っていたところ、首相から、避難民地区に出向き力づくで退去させよとの命令を受ける。しぶしぶ現場に向かったギオルギは、大混乱に巻き込まれ避難民の一人に助けられる。救急車の中で目覚めた彼は、助けてくれた女性ドナラに一目惚れ。知性と教養のある彼女を住み込みの家庭教師として雇う。息子は戸惑い、同居中の亡き妻の姉もドナラを受け入れないが、まずは順風満帆とギオルギは満足する。それも束の間、政局が変わり与党は大敗、大臣をクビになった上、自宅まで追い出されてしまう。
疲れ果てたゲオルギが、久々に故郷の母親を訪ねると、ひとりで葡萄畑を守っている母が言う。「あんたの家はここ。畑や葡萄畑で働けばいい」と。ようやく安心したものの疲労が溜まっていたゲオルギは再び倒れてしまう。
権力の象徴でもある「椅子」が、意思を持ち、ゲオルギの波乱万丈の人生に伴走する。その動きは一見荒唐無稽だが、全てを知る神のように振る舞う椅子の存在に、だんだん
安心感を抱くようになる。ラスト、椅子が示す行為こそ監督が伝えたかったテーマだ。ジョージア国も日本も政界は同じ。見終わってじっくり現実を考えさせる風刺喜劇。

※北にコーカサス山脈、西に黒海。ロシアやトルコ、アルメニアに囲まれたジョージアは、3000年もの歴史を持つが、シルクロードが通る東西交易の要衝であったために、様々な国の支配下に置かれてきた。しかし、何度も侵略されながらこの地は葡萄畑に支えられ、戦士たちは、どんなに断ち切られても蘇える葡萄の苗を懐に戦地へ向かったという。ワイン発祥の地であるジョージアの、誇りは今も葡萄畑とワイン文化だ。
監督は1933年生まれの巨匠エンダル・シェンゲラヤ。晩年、政治家としても活躍した経験を生かし、反権力を主張しながら、人間の業と人情を軽やかに映し出している。








秀作映画
いつだってやめられる 闘う名誉教授たち <公式HP>
2月9日(土)~2月22日(金)
◆2/9〜2/15→14:00/16:00
◆2/16〜2/22→12:00/18:30



作品情報
2017年/イタリア製作/イタリア語
上映時間:1時間42分
監督・脚本・原案:シドニー・シビリア
出演:エドアルド・レオ、ルイジ・ロ・カーショ、ステファノ・フレージ、リベロ・デ・リエンツォほか

ストーリー
 しいたげられた大学教授たちが、合法ドラッグの生成で一攫千金を狙ったシリーズも、いよいよ最終章。
 ドラッグ製造と密売の罪で服役中の神経生物学者ピエトロは、ある男が神経ガスによる大規模なテロを企てていることに気づく。彼は、テロを阻止するために、各地バラバラに収容されている仲間の教授たちを巧妙な手口で集め、周到な計画を立てるが……。

脱獄ではなく、テロを阻止するためだけの一時脱出を試みるメンバーの、生真面目な行動に抱腹絶倒。刑務所内で開催されるオペラの舞台に警備が集中するスキに、脱出してテロリストを捕えて戻れば無罪放免、というとんでもない取引を刑事と交わしたピエトロたちは、果たして無事に事件を解決し、元のさやに戻れるのだろうか。

スピーディーな会話と展開は、3部作の中でもっともわかりやすく、ハッピーエンドが見えてくる後半は、安心して笑いに身を任せられる。
イタリアが直面している深刻な経済問題を、ここまで砕いて笑いで吹き飛ばす、シドニー・シビリアの才能にひれ伏す。








上映予告
2/23(土)〜3/8(金) 3/2(土)〜 3/2(土)〜3/8(金)
1週間限定上映
一律¥1,100

生きてるだけで、愛。

家へ帰ろう

サクらんぼの恋
3/9(土)〜3/22(金) 3/23(土)〜4/5(金) 3/30(土)〜4/12(金)

セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー

未来を乗り換えた男

ちいさな独裁者
4/6(土)〜4/26(金) 4/27(土)〜5/10(金) 4/27(土)〜5/24(金)

ビール・ストリートの恋人たち

ねことじいちゃん

バジュランギおじさんと小さな迷子
5/25(土)〜6/14(金)

12か月の未来図





Copyright©2012-2019 東座 All Rights Reserved.